「未分類 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご協力頂ける方は→こちらからご連絡ください

4/22 アキ

元気いっぱいのアキちゃんです。

おやつはいくらでも食べます(笑)

DSC08110.jpg

体のどこでも触れます。

おやつをもらうときはお座りするのも、

よく覚えています(笑)

DSC08109.jpg

アキちゃんの記事は→こちらにまとめてあります



4月29日

アキちゃんはココニャン家で保護する事にしました。

体重10キロ(やせ形)

フィラリア陰性。チップ装着済。

ワクチン済、避妊済、検便陰性。



おしっこはペットシーツでします。

うんちはシートか、お散歩の時です。

他の犬や猫とのトラブルは一切ありません。


現場にいたときにはグイグイ引いていたお散歩ですが、

今は全然引っ張る事はなく、とても楽です。




室内ではほぼ寝ていて、

手がかかりません(笑)


お散歩が大好きで、お散歩の時には飛びついてきますが、

それ以外は、なんとなく人間とは距離を取っていて、

そこがちょっと寂しいけど・・・(笑)

今まで全然暮らした事のないような環境で暮らしているんだし、

人間はおじいちゃんしか知らなかったんだから、

仕方ないよね。



最初から「尻尾ブリブリ振ってよってくるのが犬だ!」

と思いこんでいる方には向きませんが、

ゆっくり慣らして下さる方なら、全然問題ないと思います。

少しずつ慣れてもらえると思いますよ。

アキちゃんの応募は→こちらからお願いします

スポンサーサイト
ご協力頂ける方は→こちらからご連絡ください

74匹多頭飼育崩壊でした(@@)

先日、丸々一日かけて、

60匹多頭飼育崩壊現場のブログ整理をしていました。

犬を個々にカテゴリー分けしたので、

良かったら是非ご覧になってください!!






今まで仲間のボランティアさんたちと、

あーでもない、こーでもないと、

犬達の照合をし続けてきました。




ここの現場の犬達はみんな似ているし、

昨秋に撮った写真が小さいし、

特徴を捕らえてないから、

照合がすごく難しかったんですが、

あと3匹残して照合が済みました。




この「あと3匹」ってのは、

3月25日に写真を撮り損ねて、

照合が出来ませんでした。

はぁ・・がっかり。。。




4月にがんばろう。




この3匹が秋に撮影した子達とは

違う子達だとすると、

もしかしたら数が変わってくるかもしれない。




でも、秋に撮影した中で、

誰なのかわからないのが3匹いるから、

たぶん、これで数は合いそうなんだけどなぁ。





★昨秋に撮影したのが48匹。



★秋に撮影から漏れてしまったのが8匹。

(チャーリー、ゆたぽん、ビビ、たろう、

   はなお、くう、クロス、桃)


★子犬が18匹(うち1匹は数日で死亡)




これを全部足すと、

74匹多頭飼育崩壊現場でした(@@)

オーマイガーーーー!!!




60数匹居るつもりだったので、

60匹多頭飼育崩壊現場と言ってきましたが、

隠れキャラがこんなにも居たとは・・・





でも手術は、やっています。

手術の日も猛烈に忙しかった。。。





とにかく数がいっぱい居すぎて、

落ち着いて計算する暇がなかったし、

顔も似ているし、個体識別の為に着けた首輪を

犬が切ってしまったり、

名札をおじいちゃんが付け替えてしまったり、




外の子達も、場所を移動されると

わからなくなるから、

「場所移動しないでね」

と口をすっぱくして言っても、

犬達の配置換えを、

なぜか頻繁に行なうおじいちゃん。






それと、日曜一日かけて分かった事。


出産後数日で亡くなってしまった子犬以外に、




10月からの数ヶ月の間に、

成犬が8匹亡くなっていました。



↓↓↓↓↓↓


4番メス


36番アニー


39番ナツ


41番 初代ジャック


47番キャシー


51番サブ


52番ジロー


チャーリー


(↑名前クリックで記事に飛びます)




助けてあげられず、

そして亡くなった事にさえ

すぐに気が付いてあげられず、

本当にごめんね。




もう絶対にこれ以上

死ななくて済むようにしたい(><)




それと、3月28日に現場のホワティちゃん、

新しい飼い主さんが見つかりました!

良かった~最高の環境です!

ホワちゃんは→こちら1と、→こちら2



現場の犬は計算上22匹。

おじいちゃんも残り22匹と言っていたので、

おそらく22匹で正しいと思います!




新しい飼い主さん、保護主さん、

緊急で募集しています。

リンク、拡散大歓迎です。
ご協力頂ける方は→こちらからご連絡ください

むごい死に方。地獄の現場

60匹現場に3月25日お散歩に来て下さった皆様、

ありがとうございました。





たくさんの方が来て下さり、

犬より人間の方が多かった。





いやいや、そんなはずは無い。

もっと犬がいるはずなのに、

だいぶ少ない。。。。





そう思っておじいちゃんに話を聞いた。





行方不明になっている犬が、

気が付いただけでも数匹いたので、

少し前から薄々気が付いていたけれど、

この数ヶ月だけで、

たくさんの犬が現場で命を落としていました。






おじいちゃんと、そのことについて

話をしましたが、犬達の死に方が、

あまりにもむごい死に方すぎて、

とてもブログでは書けませんし、

ずっと現場に入ってくれている

仲間のボランティアにも、

現実を数名にしか言えませんでした。







ここの現場、知れば知るほど地獄だ。。。






ゆっくりはしていられない。







ここの現場から一刻でも早く犬達を出さないと、

通常では考えられないような酷い死に方で、

次々と命を落としてしまう子達がいる。

もう絶対に誰にも死んで欲しくない。






飼い主のおじいちゃんにも全く慣れておらず、

もちろん、おじいちゃんにも

捕まえられない犬が数匹いますが、

25日は、この犬達を捕獲しました。






きっとこの犬達は、フィラリア投薬の時に、

おじいちゃんから逃げる為に噛んだりして、


それに怒ったおじいちゃんに

虐待されている子達だと思う。







捕獲の時に暴れて、口や手足から出血したり、

暴れすぎて長い時間、倒れてしまった子もいました。





それを見たら「なんて可哀想な事をするんだ」

「なんて酷いヒトなんだ」

と思った人も居たと思う。






でも、私はそれを見て、

もちろん犬はすごく心配でしたが、

捕まえてくれた人に対して、

「捕まえてくれて本当にありがとう」

「辛い思いさせてごめんね」

と思っていました。







犬が好きで、助けたいと思って

現場に来てくれているのだから、

怖がって嫌がる犬を無理に捕まえて、

心が痛まない訳がありません。

辛い思いをしているのは、

捕まえてる人間なんです。







私も今までに何回か捕獲してますからね・・・

「こんな事やりたくないのに!!!」

って思いながらの捕獲作業。

本当に辛いんです(TT)








何でそこまでレスキューを急ぐ必要があるのか、

どうして、無理してまでも捕まえないとならないのか、

それを参加して下さっている全員に

1から10まで細かく説明出来れば

まだ良いのかもしれません。






でも、なかなかそういう訳にもいきませんしね。

だから余計に白い目で見られてしまう。







でも、この現場の最もビビリの子達は、

毎日をどんな気持ちで生きているか考えて欲しい。






ゆっくり眠った事も、

ゆっくりご飯を食べた事もないでしょう。







この現場にいる限り、

毎日が死と隣り合わせで、

リラックスできる時間はありません。








それがどれだけ辛い事か、

考えてあげてください。






この日、倒れた犬は病院に入れました。

病院では大人しく過ごし、

ご飯もペロリと完食したそうです。






翌日は休診日だった為、

27日の午前中に退院させました。






現場では大暴れしていたあの犬が、

クレートから出す時に、

少し抵抗していましたが、

出した後はびっくりする位、

スタスタと歩きました。






あんなに無理やり捕獲するならば、

安楽死を考えるべき・・・・と、

私に伝えてきた方がいましたが、

正直な所、私にはこの犬の安楽死はありえません。





確かに現場では、かなりぐったりしてしまい、

すごく心配な状態でした。






でも、この犬のビビリが改善する可能性や、

新しい飼い主さんが見つかる可能性が

ゼロパーセントではない限り、

そんな簡単には諦めたくありませんし、





現場の犬達も、もちろんセンターの犬猫も、

誰の命もあきらめたくありません。

もう、誰かが死んでしまうのは嫌なのです。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


★くうちゃんが保護宅に入りました!

★しずか(じゅん)の飼い主さまが決定しました!
ご協力頂ける方は→こちらからご連絡ください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。